HOME>記事一覧>上達に繋げるための役割と利用方法を理解する

レベルや年齢によって最適なものは変わる

英会話のレッスンでは、どういった教材を利用するのかがとても大切になります。生徒がレッスンに興味を持てるかどうかはもちろん、英会話の上達を促すことが出来るかどうかといったことにも関わって来るので、どういった教材を使ってレッスンを進めるのかといった点は重要なポイントと言えます。また、生徒の年齢やレベルによって最適な教材は変わりますし、向き不向きもあります。教材が分かれば、レッスンの傾向を知ることも可能になるので、レッスンを受ける前に確認しておくことが欠かせません。

プラスアルファも大切

英会話の教材はテキストや音声など、スクール側が提供してくれる場合が殆どです。けれど、英会話を上達させるために教材以外は必要ないという意味ではありません。分かりにくい部分や物足りないと感じる場合には、教材以外も積極的に活用することが大切です。

変更になることも珍しくない

英会話のレッスンで扱う教材は、短い周期で変更されることも少なくありません。生徒のレベルに対し合っているかどうか、興味を持てる題材を多く扱っているかどうかといった点が重要視されるので、講師によって不十分と判断されればその時々で教材は変わります。柔軟に対応することも大切です。

補助として有効に利用することが大切

英会話の教材には、会話の例文や会話に必要となる語彙や文法のヒントがあることも少なくありません。けれど、教材はあくまで補助と考え、レッスン中は、会話に集中することが大切です。英会話を上達させたいなら、英語で会話する経験を積み重ねることが欠かせません。知識の復習はレッスン以外の場所でも出来ますが、会話はレッスン中にしか出来ないので、より多く発言し、会話をする機会を増やすことが大切です。

広告募集中